新千歳空港 大雪で飛行機 欠航時の脱出方法!

2022年1月1日元旦の話。

この日は大雪のため新千歳空港が一時閉鎖、230便超欠航で大混乱の日でした。

突然の大雪で新千歳空港が閉鎖、飛行機が欠航したとき都内までなんとかたどり着いた体験を紹介、困っている方の参考になれば、、、がんばってこのリアル脱出ゲームをクリアしてください!

年末の仕事が終わり、札幌駅周辺を散策し、新千歳空港からゆっくり羽田に戻る予定の海猫山猫に悲劇が、、14:30新千歳空港発→羽田空港行きなので、余裕を見て13:30頃新千歳空港着。なんとなく空港の雰囲気がおかしい、あちこちに行列ができている。そして場内放送が流れた。「ご出発予定の大阪行き〇〇便は欠航となりました・・・」

えっ大阪便欠航?西日本は雪が降っているのだろうか、、でも関東は晴れているし大丈夫だよね。

荷物を先に預けようと思ったが、なんとも周囲が殺気立っている。念のため自分の便の運航条件をネットで確認することに。そしたらなんと、「欠航」の文字が!

飛行機の手配がつかずが理由でしたが、実際は新千歳空港の滑走路も2本閉鎖されていて飛行機も到着しない、出発便は10:20以降のANA羽田行がすべて欠航している大惨事の始まりでした。

とにかく情報がない、社員もいないがどこに並べばいいか聞くと、この列で変更を受けているのでここに、という列の一番後ろに並んでネット検索しながら考える。

この変更の列、どうみても300人以上並んでいて何時間かかるかわからない。ネット上で変更できるというのでやってみようとするが、海猫山猫のチケットは楽天で予約したANA楽パックでANAの航空機の予約番号がわからない。メールに記載されているというのでしばらく探すが、、そんなものはどこにもなくこのネット変更しようとした30分はまったくの無駄に終わった。

そのうちまわりの話を聞くと、今から予約振替しても取れるのは1/4以降とか?まあこのペースでいったらそうなりそうだがそこまで待つ余裕はない。ならば、、やっぱり別の方法で帰るしかない。

・空路①:新千歳空港の飛行機の振替は1/5まで一杯、さらに悪天候で帰れなくなるかもでバツ

・空路②:他の北海道の空港から発着する飛行機を探す方法→この雪の中他の空港まで移動は難しいのでバツ。

・海路:フェリーなら海の上なので雪の影響は少ないはず。苫小牧から出航していたはずだが、、お正月でそもそも便がないのでバツ

・陸路:やはり王道は北海道新幹線、これが一番期待できそうだが全席指定の北海道新幹線、はたしてこの状況で指定席今からとれるのだろうか?

ここまで考えて検索してたどり着くまでに30分、ここで飛行機を完全にあきらめてJRの空港線乗り場に向かう。みどりの窓口で切符探すのが一番確実だが、、やはり100人くらい並んでいてめまいがするほど。

ここはやっぱりネットで切符とれる「えきねっと」で自分で探したほうが早そう、で北海道新幹線の検索、南千歳→東京で検索しても新函館北斗からの北海道新幹線の指定席券は、、すでに明日まで完売済か。

うーむ万事休す、これは帰れない。。。もうあきらめていったん札幌に戻ろうか、、

とJR快速エアポートに乗って札幌方面に向かう途中にひらめいた!

東京までは満席だったけど、仙台までなら空いているのでは?仙台から乗る人の予約が入っていたら東京までの指定席はとれないシステムのはず、逆にいうと仙台までなら座れる席があるはずでは?

札幌に戻っている場合ではない、と次に停車したちいさな恵庭駅で降りて、改札にいた駅員さんにダメもとで聞く。

「ここってみどりの窓口ありませんよね・・」

すると改札にいた駅員さん、

「ああこちらでうかがいますよ。」

なんとだれも待っていないみどりの窓口で相談することに成功、

「雪で飛行機が飛ばないので新幹線で帰りたいのですが、仙台までの指定席取れますか?」

するとパチパチ端末をたたいたかと思うと、、

「あと3席ありますね、窓側でいいですか?」

と地獄に仏とはまさにこのこと、仙台まで行けばなんとかなる!

「どこでもいいです!1席お願いします!ちなみにほんとは東京まで戻りたいのですが、東京までの指定席はないですよね?」

するとパチパチ端末をたたいたかと思うと、、

「ええありますよ、指定席はないですが、立ち席でよろしければ・・」

え、立ち席なんてあるなんて初耳!聞いてみると北海道新幹線には限定枚数ですが「立ち席券」も発売あるとのこと。まだこの時点では立ち席券の販売がありましたが、もう今日は仙台まで行ければ、という気持ちだったので

「仙台まで指定でお願いします!」

時計をちらっとみて同僚と相談して、雪での遅れを検討しつつ行けると踏んだ駅員さん、

「それでは南千歳から新函館北斗までの特急は自由席となりますが、新函館北斗から仙台までは指定席をお取りします。恵庭から南千歳行の電車はあと3分で到着するので急いで下さい!」

あわわあと3分?急いでクレジットカードで精算してエスカレーターを駆け降り、入ってきた電車に乗り込む、うーむなんとかなるか。

しかしここから新函館北斗駅までが遠かった、満員すしづめの特急で約4時間立ちっぱなし。ここが一番きつい時間帯、スマホの電池もあやういので触れないし、ただ黙ってぼーと雪が降る続く窓の外を見ていました。そして、、、ようやく新函館北斗駅到着。

結果的には新函館北斗駅の乗り換えは改札スルー状態で、指定や立ち席券なくても立って東京まで帰ることは可能な感じでした。

私は仙台までの指定席券しかありませんでしたし、そこから立って帰るのも嫌になってもう仙台泊、仙台から翌日ゆっくりかえりました。

結論:雪の場合飛行機の振替えは期待できないので即あきらめる。北海道新幹線一択。

・ただし北海道新幹線は全席指定、立ち席もあるが、えきねっとでは取れないのでみどりの窓口で取ってもらうしかない。空港駅のみどりの窓口も大行列、となれば戻る途中の小さな駅に移動した方が並ばずに取れる可能性あり。

・「えきねっと」で自分で指定席を取ることもできる。スマホ版は使いづらいがえきねっとで普段予約している方は使えると思うが、切符の発券は券売機か窓口だったので今回途中で挫折した。カード登録していて普段使っている方はこれで自分で指定席探すのがいいが、立ち席券は買えないので要注意。

・東京までは満員で取れなくても、仙台までなら取れる。仙台まで着けばあとは何とでもなる。

・南千歳から新函館北斗駅までがおそろしく遠い、特急で3時間立ちっぱなしを覚悟、今回は4時間かかった。

・やっぱりみどりの窓口でプロに相談する方がいいと思う。

・根性があれば立ち席券なくとも東京まで行けそう。まずは指定席もしくは立ち席券を確保するのが最優先だが、えきねっとで取るか、もしくはみどりの窓口が大行列の場合は、、新函館北斗まで行けばなんとかなるのかも。

今新千歳空港で欠航を知り震えている方、飛行機はあきらめて新幹線へ!

知恵と勇気でこの苦難を乗り越えましょう、幸運を祈ります。