フルッタフルッタ・アサイーの日記念イベントinブラジル大使館

今日は外苑前の駐日ブラジル大使館へ、

フルッタフルッタ・「アサイーの日」記念イベントがありました!

ホームページでたまたま見かけたこの企画ですが、応募したら当選し、行くことができました。入口でチェックしている用紙を見ると、、マスコミとは別に一般の招待客ですがこれがわずかに24人のみ。結構狭き門だったようで、当選はラッキーだったのかも、、

ブラジル大使館の入り口から入り、地下1階のレセプション会場に案内されます。まずは奥のセミナールームで、ブラジル大使の挨拶からスタート。

その後フルッタフルッタの取締役の方や、広報の方のあいさつ、ブラジルに詳しい方のセミナーなどが1時間程度ありました。

今回のイベントの目的の一つが「アサイーの日制定記念」で、9/16が正式にアサイーの日としてフルッタフルッタにより記念日申請されています。

アサイーが産地のアマゾンからブラジル全土へ、そして世界へ輸送されるようになったのは日本からアマゾンへ渡った日本移民が産業化に成功したことが大きく影響しており、フルッタフルッタは彼らの功績を称えるとともに、日本の皆さまに知ってほしいという想いから、第一回移民船が1929年にアマゾン川の河口の都市ベレンに到着した9月16日にちなみ、この日を「アサイーの日」として定めました。

その後は立食式の会場に案内されてアサイーの現地流食べ方などを試食しながらフルッタフルッタの社員の方、ブラジルに詳しい方、アサイーニストの方々との交流です。

甘くないアサイーをつけて食べるフィンガーフードや、アサイーのデザートなど盛りだくさんで、会場は盛り上がりました。

最後にお土産をもらって終了、アサイードリンクや粉末アサイー、店舗での試食チケットやオンラインで使用できるクーポン券などもプレゼント。

アサイーはスーパーフードの代表であり、スポーツ選手などにも愛好家が多いですから再ブレーク目前、フルッタフルッタ自体は債務超過で“継続企業の前提に関する注記”があり、上場廃止猶予期間(2019年4月1日~2020年3月31日)に入っているという崖っぷちな所ではありますがこのままアサイーが消えるのは非常にもったいない話、なんとかフルッタフルッタの復活を願っています。

#アサイーの日

#アサイーニスト

#みなぎるフルーツ

#フルッタフルッタ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする